高齢者の方が頻尿の場合に考えられる原因と解決方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頻尿に悩む男性
年を取るとトイレが近くなって…という年配の方の声を耳にすることがよくあります。実際に高齢者の方で特に夜間の頻尿に悩まされている方は多いようです。若い時より眠りが浅くなるといわれている高齢者の方が、すっきりとした朝の目覚めを迎えるためにできることがあります。

老化による頻尿を解決するには…

高齢になると1日の尿の生成量が10%ほど少なくなりますが、膀胱や尿道、骨盤の衰えも見られるため、1回の排尿量が半分程度に減ってしまうそうです。また1回の排尿にかかる時間も長くかかり、勢いよく尿が出ず残尿感があったりします。1回の排尿時間が1分を超えるなら、何らかの排尿障害が疑われるそうです。

高齢の男性だと、肥大した前立腺が尿道を圧迫する前立腺肥大が多く見られますが、尿道だけでなく膀胱を直接圧迫して頻尿を起こすこともあるようです。女性も加齢により骨盤底筋がゆるんで臓器が下がり、同じようなことが起こります。

泌尿器科で行う前立腺肥大の治療は生活指導のほか前立腺を弛緩させて尿道への圧迫を減らす内服薬の処方などで、重度になると外科的手術を行います。骨盤底筋の衰えには骨盤底筋を鍛える体操などのトレーニングが有効です。

意外に多い?服用している薬の影響

高齢になると、持病があって薬を飲んでいる方も多くなりますが、その薬が頻尿を引き起こしている可能性もあるようです。

血圧には下剤や強心剤には利尿作用があり、夜間頻尿の要因になることがあります。またパーキンソン病の薬や睡眠薬、抗うつ、抗精神薬などで膀胱の活動が低下する場合もあるそうです。これらの薬が頻尿に影響を及ぼしていると考えられるなら、主治医に相談してみる必要もあるでしょう。

高齢の方が1日の水分摂取量を確保することは健康維持に必要ですが、午前中に摂る水分は多め、夕食後は控えめにするなどの方法も有効です。緑茶には利尿作用がありますから夕食後は控える、夜の水分補給はのどを潤す程度にし1度に飲まないなど摂取量を時間帯で調整してみましょう。

頻尿を改善するためにおすすめのサプリメントランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。