頻尿になりやすい生活習慣とは?見直したい生活リズムについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレッチする女性
頻尿はひどくなると仕事や家事に集中できず、電車やバスに乗れないなど生活に支障をきたすやっかいな症状です。病気からくる頻尿の場合は何よりもまず治療が必要ですが、生活習慣によって頻尿の症状が出ている方もいるようです。ちょっとした生活の見直しで、トイレが近いという悩みから解放されるかもしれませんよ。

体の冷えは頻尿の原因に

体の冷えは寒い冬だけ、気をつければいいわけではありません。特に冷え性が多い女性は、食べ物から得るエネルギーを燃焼する役割の筋肉が男性より少ないため、冷えやすいといわれています。たとえ脂肪がついていても、脂肪では筋肉のように熱を作り出せないので、冷えた体を温めることはできないそうです。

暑いと思ってエアコンの設定を下げたり、冷たい飲み物などを1度にたくさん摂ると、あっという間に体は冷えてしまいます。冷えると体から排出される汗や蒸気が減り、余った水分は尿になりますし、自律神経の乱れから血液の循環などに支障をきたして、内臓に負担がかかります。体が熱を作り出すのに必要なカロリーが不足しないよう、バランスの食事を3食きちんと食べるよう心がけてください。

朝のシャワーのみでお湯には浸からない習慣の方は、1週間に何日かは寝る前にお風呂に入る日を作って、全身をしっかり温めてから寝る生活リズムを作りましょう。

利尿作用のある食品を控える

利尿作用といえばカフェインがよく知られていますが、そのほかにも気をつけたい食品があります。むくみの解消によく、デトックス効果があるといわれるカリウムがそうです。

カリウムがむくみに効くのは強い利尿作用で、体内の水分を排出するからなのです。アボカド、ほうれんそう、きゅうり、パセリなどに多く含まれていますが、意外にもスポーツドリンクにも豊富に入っています。水分補給に飲み過ぎると、カリウムだけでなく塩分や糖分なども多く摂ってしまうので注意しましょう。また濃い味付けを好む食習慣の方は水分も摂りがちになりますから、薄味に慣れたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。