頻尿が仕事に影響してしまう事はあるの?頻尿が油断できない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレが近くて仕事が捗らない女性
トイレが近いのは体質だから仕方ないと思っていませんか?休みの日にはトイレが気にならないのに、仕事になると頻尿に悩まされるなどの症状ではありませんか?意外に油断できない頻尿の症状についてもっと知って、これ以上悪くしないようにしましょう。

頻尿のせいで自分に合った仕事が探せない

頻尿はひどくなるとトイレから戻ってきてもすぐに尿意を覚えるほど、トイレが近くなります。そこまでの頻度でなくても、またトイレかと思われているのではないか…と職場の他の人の視線が気になります。オフィスワーク以外にも外回りの多い仕事では、まず第一に確認するのがトイレの場所といったように、仕事への影響は計り知れません。

急性膀胱炎など一時的に頻尿の症状が出る病気の場合だと、職場の理解は比較的求めやすいでしょうが、症状が長く続く場合はストレスを抱える方が多いようです。

特に膀胱や腎臓などの臓器には異常がない心因性の頻尿に悩む方は、もともと仕事からくるストレスの影響で発症することも多いようです。また過活動膀胱では尿意が急にきて、尿をもらしてしまいそうになる尿意切迫感の症状もあるため、失禁してしまうのでは…という不安が仕事に影響してしまいます。

どうすればいい?仕事中の頻尿

心因性頻尿にかかるのは、真面目できちんとした性格の方が多いという見方もあるようです。こんなにトイレに行くのはおかしいと思われているのではないか…と自分で深刻に思うほど職場の人は気にしていないとも考えられます。トイレに行けないと思うことで尿意が強くなる以上、トイレに行きたい時に行ける環境を作るためにも我慢せずトイレに行きましょう。

泌尿器科で心因性頻尿と診断されれば、不安を抑える薬などの処方のほかカウンセリングを受けたりできますから、ひどくなる前に受診しましょう。過活動膀胱の場合は、服薬と排尿間隔を少しずつ伸ばす膀胱訓練や腹圧をかけても尿が漏れないようにする骨盤底筋体操などの治療があります。

頻尿を改善するためにおすすめのサプリメントランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。